カンボジアで小さな食堂を家族で経営するアラフォー社長の日記

カンボジアで小さな食堂をカンボジア人の妻と3歳の息子に支えられて経営しています。

献血に行ってきたよ。寄付は無理のない範囲でできればえーと思う。

献血に行ってきたよ。

難病支援で定期的に献血が必要な人がいる。

しかし、カンボジアではまだまだ社会保障や、公的な保険はあるにはあるが、機能していない現状がある。

献血も無料ではない。

貧しい村や難病を抱えている家族は医療費など払えない。

そういう地方の村で難病を抱えている方がだを支援している団体がある。(もちろん、彼らの仕事は多岐にわたる。これは一部)

その人と連絡をとって献血した血液をそこに寄付するようにしている。

ちなみに一緒に行った知人はヘモグロビン値が不足していたので、不可だった。

きちんと検査もしてくれる。

わりとみんなカンボジア献血というと心配されるが、私は問題ないと思ってる。

子の献血センターは清潔だというのは見ればわかる。

きちんと検査もして、だめならだめと言ってくれる。

こういう当たり前が機能してるから私は信用している。

私は身体が強くないから献血した日はやや、頭痛がしたり、眠くなったりする。

まぁ、血を抜くのだから当然の反応である。

3日目には特に変わりない。

なにせ、毎年、1-2回は献血やってるのだから大丈夫なことは知っている。

ちょっとでいいと思う。

私も懐に余裕のある経済事情ではない。

少額の寄付も毎年している。

寄付は無理のない範囲で少しずつでいいと思う。

お金での寄付でも血液の寄付でもなにかしら社会に貢献できることは続けていきたい。

できることから少しずつ、無理のない範囲でできればいいと思う。

今日も感謝。