カンボジアで小さな食堂を家族で経営するアラフォー社長の日記

カンボジアで小さな食堂をカンボジア人の妻と3歳の息子に支えられて経営しています。

お休みをいただく。 個人的に大きな決断。

特に休み必要ないって思ってるタイプです。

経営者やし。

普段から適当にさぼってるし。

とは思うものの、自分ががんばればいいかというのが甘えだとわかっていながら行動できていなかった。

今日、マネージャーチームとMTした。

月に1-2回くらいは丸1日休むよと。

それもあえて土曜日に。

週末は今のシフトであれば現場の数は足りている。

だから、現状でもちょっとヘルプするだけ。

でもちょくちょく、私が出張る場面がある。

私も自分が対応すればいいかっていう甘えがある。

だからきちんと現場から離れることで、どこができないか、どの仕事は辞める、または仕組みづくりをすべきか、と見直す必要がある。

それが未来につながる。

なんか世界情勢はお天気のことも含めて、明るくないように見える。

でも外的要因は自分にはなにもできない。

なので、できることを日々、積み上げるしかない。

来るべき(来るのか?!)日に備え、チャンスをつかめるようにしたいなと。

それとは別に、

ちょっと、離れる時間を作ることで見えてくるものもあると思う。

視野狭窄に陥っていることも否めない。

3歩進んで2歩下がる感じで進んでいきたい。

今日も感謝。