カンボジアで小さな食堂を家族で経営するアラフォー社長の日記

カンボジアで小さな食堂をカンボジア人の妻と3歳の息子に支えられて経営しています。

ワクチン証明書を求めて保健省まで

ワクチン証明書を頼んでみたコミューン(地区)のおじさんから今朝、電話があった。

おじさん)2週間くらいかかるけどいける?

私たち)いけない。。。

ということでおじさんに確認とって自分たちで保健省まで直接行くことに。

おじさんは地区の保険センターに行きなさいという。

こういうときは一個ずつ片付ける。

まず行く。

そして案の定、急ぎやったら保健省に直接行ってくれ。だった。

保健省はうちから30分ほどの距離。

配達は100%断る距離である。

日本にいると30分とか普通やけど、プノンペンの30分はけっこうきつい。

しかも、2時間後にMTの予定あり。

しかし、行くしかない。

行ってからマスクしてない私は妻に叱られたのはここだけの話しだ。

息子のマスクが妻のかばんにあったので、それを無理やり着用し、保健省でどこに行けないいのか2-3枚後になりながらたどり着く。

あせっていた私は若干切れ気味になりつつ、役所の方とやりとり。

さすが、冷静に対応してくれる。

はい。私のはじめの段階のやり方が間違ってましたとさ。

指示通りにスマホで手続き進めると5分で完了。

1週間後にPDFで送られてくるからそれを自分で印刷してね。

ということだった。

VISAもワクチン証明書もぎりぎりになるけど、いつもこんなもんやからしゃーない。

付き合ってくれる妻をはじめ、関係者のみなさまには感謝しかない。

今日も感謝。