カンボジアで小さな食堂を家族で経営するアラフォー社長の日記

カンボジアで小さな食堂をカンボジア人の妻と3歳の息子に支えられて経営しています。

ぼやきます! ネットのコメント書いてちょっと炎上しかかった。

ぼやきたい。

インターネットで匿名性の高いところにコメントなんかずれてる私には向かない。と改めて感じた。

昨日、あるYoutube動画で海外渡航情報を聞いてたら、日本政府の旅行支援策の話になった。

日本在住に限るとあった。

30%-40%割引のクーポンらしい。

在住者だけというのは政府の立場からしたらそらそうだろ。

と思う。ということをコメントで書いたら「海外在住者も税金を払ってるから恩恵を受けれないのはおかしい。」 「母国を想う気持ちはわかるが。。。」 「年金の制度上は。。。」とかいうコメントが入ってた。

そういう意味ではない。政府の立場で考えたらそらそうだし、そうだよねーという趣旨であったが、そういう感じで切り返す人にあーだこーだ言うても議論にならないだろう。 そもそも政策決定に関わりなんかあるわけないからただの1意見を書いてみただけなんだが、荒れかけたので、ちゃちゃっとそのコメントを消して逃げました(笑)

私の思うところは以下である

旅行支援のクーポンは日本在住者だけの件について

年金受給者に海外移住ってなると日本にお金落としてくれないし。

健康保険とか年金とかはあくまで保障のためやし。所得税とか庶民の払ってる分って税収の大きな部分ではないだろう。(大部分は富裕層や企業から取り立ててる)

海外在住の人の税金払ってる人も多いだろうが、一時帰国が必要な人は多少高くても一時帰国するだろうし、円安やからそれがクーポンみたいなだろうと解釈している。

ただ、制度がややこしいらしい。

そういう話しになるんならマイナンバー制度があるんやから国民の情報をきちんと管理してもらってそこに紐づけて、そこからQRコードとかでスキャンしたらクーポンもらえて使えるとか、いろいろやったらえーでしょうにとか思ったりするけども。

前にそういうのを一回やってるからそれをもう一回ってことやからそういうもんやろーとか思う。

そして、お金に余裕のある人はクーポンとかあろうがなかろうが日本に来る。

ビジネスでも観光でも。

そしてそういう人はしっかりお金を使ってくれる。

だって円安なんやもん。

私はもちろんお金に余裕がない側だけど(笑)

私はUSDが主に使われている国で自営業である。

今月末に3年ぶりに1週間ほど、一時帰国する。

そのため、$1000ほど、円に両替した。

以前であれば10万円か、ちょい割るくらいだった。

しかし、今回は13万7000円。

USDの場合やけど。

円高になってるところはないと思われる。(多分ね)

個人的にはそれで十分、恩恵を得ていると思う。

 政府からしたら今回のクーポンは観光業の事業者や地方のための支援策であって、なにも国民全員のための支援策ではない。

国民全員にという話しならお金を直接、渡すとか消費税対策とかだろう。

さきほど書いたが、海外からくる(日本円で給料をもらってる人は除く)外国人の方、及び外貨を稼いでいる日本人は問題なく訪日されると思う。

割引せんでも来てくれるのにわざわざ割引するほど、国もお人よしではないだろう。

それをしたらしたで、どうせ、そのことを理由に炎上させる人も出てくるやろうし。

国内の旅行促進、地域振興ではクーポンは有効だと思う。(あくまで政府視点)

しかし、インバウンドで重要なのは開国、規制の撤廃である。

今回の規制緩和で私など、ワクチン接種済みの人間にはこれで十分、開国であるが、ワクチン3回打ってない人というのは日本人を含め、先進国にはそこそこおられる。

政府の立場では判断が難しいところだが、周辺国はぞくぞくと規制撤廃していってるので、そう遠くない日に撤廃するのではないかと予想している。

いずれにせよ

クーポンあるだけ日本は優しいなと思う。

保障とかサービスとかがある国があるっていうけど、ない国の方が多いし。。。

はじめのほうに書いたが、ただの一般人の思うところであり、なんの権力もない人間のぼやきであるからあしからず。

もうYoutubeにコメント残したりするのはやめとこうと思った。

ここまでしょうもないぼやきを読んでくれてありがとうございます。

今日も感謝。

 

創業以来続けた生パスタを止める。

2015年の創業から作り続けてきた生パスタ(タリアッテレ)を止めることにした。

前回のメニュー更新の時にメニューからは削除したが、一応、作って冷凍保存していた。

常連さん用に。

レシピも何回か改良した。

はじめは現場にやってもらっていたが、品質が安定しないこともあり、生産量を減らし、自分で作ることにした。

その後、冷凍保存するようにして、ほそぼそと続けてきた。

ぶっちゃけ、根強いファンはいる。

しかし、私の時間が取れない。

それに私一人が生産を続けるという構造では未来がない。

だから私は生産を止めることにした。

一部、問題はないと思う。 時間が経つとみな忘れると思う。

どうしてもこれがないと困るということはないと思うけれど、そうなれば生産を再開するかもしれない。

現在の私のお店はやることを減らすフェーズだと思う。

やることが増えすぎて、やるべきことができていないことがあった。

今、少しずつ、やらないことを決めながら、すべきことを進めている。

それができるのも一緒にがんばってくれる妻やスタッフのみんなのおかげだ。

今日も感謝。

 

怒りの原因 妻との関わり

怒りの原因はどこか。

妻との関わり方に問題があるのか。

私が疑ってかかっているためのように思う。

妻のストレスのこもった声にあてられてるものでもある。

私が妻の怒りを受け止める余白を持って接したほうがいいと思う。

多分、怒りやすい妻を作ったのは私であろう。

妻と私に心の余白ができるようにしたい。

今日も感謝。

日本一時帰国のため、カンボジア人である妻のVISA取得に向けて。

日本一時帰国のため、カンボジア人である妻のVISAを取得する必要がある。

私と息子は日本国籍なので大丈夫。

カンボジア国籍の方はきっちりと審査の上でVISA取得となる。

ちょっとめんどい部分もあるが、それは大使館の人も同様であり、文句は言えない。

むしろ、いつも丁寧な対応してくださる大使館の皆様には感謝しかない。

申請に必要なものは大使館のHPを見ればわかる。

そして、うちらはカンボジアでも日本でも両方でキチンと婚姻の手続きをしているので、基本的にはすんなり取得できる。

今回、一つ、問題があった。

現在、直行便がまだない。コロナ前は直行便があった。

ということは日本から航空便がない。

船便しかない。

これがややこしい。

届くのにかなりの日数を要する。

ていうか不確かなんだそうだ。

確定していればいいのだが、大使館の方にも説明できるが、そうでなければいつになるかわからないものは信用されないだろうし。

しかし、ちょうど、10月12日着でカンボジアに来るよー。と知人からつい最近連絡が来たことを思い出した。

連絡して運んでもらえることになった。

ということで、これから書類を揃えて、来週には一度、大使館に確認もかねて訪問予定である。

とりあえず、妻と近々、秋冬ものを市場で買いそろえなければ。。。

カンボジアは寒い時期でも20℃くらい。

10月末の日本。。。

寒い。。。

妻に寒さの恐ろしさを知ってもらい雪なんか見たら凍えて死ぬでと伝えたい。

今日も感謝。

 

 

カンボジアのお盆のプチュンベン。 妻の実家で過ごす。

カンボジアのお盆のプチュンベンを妻の実家で過ごす。

毎年の恒例行事。

今年も平穏無事にプチュンベンを迎えられたことに感謝だ。

カンボジアの2大行事であり、大型連休がこのプチュンベンと4月のクメール正月だ。

大陸の仏教にちなむので、中国、東南アジアの仏教メインの国はだいたい似たりよったりだ。

もう一つ水祭りという収穫祭的な意味合いの大きい行事がある。雨期の終わりと乾季の始まりくらいの11月にあるのだが、仏事としては上記の2大行事よりは小さいと思われる。

チュンバンとクメール正月はかなりの人が帰省するので、プノンペンの小規模なお店はだいたい3-5日間ほど、閉める。

サプライヤーとか農家さんとかも休むので、仕入れにも困る。

うちは4日間。

多分、無理して開ければ儲かることは間違いないんだけども、やりたくない。

私個人としてはこういう休む言い訳がつくときに休んで、現場のみんなに家族との時間を地元で過ごしてほしいと思う。

大手で働く子はその覚悟があって働いてるんだろうと思う。

私の仕事はそこで休んでもきちんと利益の出る体質にすることだと思っている。

カンボジアではプノンペンに都市機能が完全に集約し、発展してきたが、その分、地方はめちゃくちゃ遅れている。

今朝、妻の実家近くの市場で買ったバイセッチュルー(豚肉乗せごはん)とか、定番の朝食もプノンペンの6割くらいの値段だったし。

だから、お金稼ぐためにみんな首都のプノンペンに出稼ぎに来る。

バスで2-3時間ならまだいいが、半日以上かかるところから出てきてる子もいる。

違う日に入れ替わりで休暇を取ってもらうというのがホテルや大手の形だが、そういうのはそういうところに任せる。

私も妻がカンボジア人なので、どうしても感情移入してしまう。

この日に休むことが重要なのだ。

日本みたいに大型連休は遊ぶためであればそれでもいいが、きちんと仏事がある。

また、家族に対する想いも強い。

親族で集まり、交流を深める時間を持ってほしいのもある。

なにより、カンボジアの方々の心根の優しさはカンボジアでの仏教に由来していると思う。

もちろん、内戦の影響によるところも大きいとは思うが。

仏教が道徳観念の学びのかなりを閉めていると思う。

ご家族もそれをもとに教育されていると思う。

私にしても完全に仕事から離れる時間ができて、落ち着く時間が持てる。

実際、妻の実家はプノンペンから1時間以上車で走って着く。

何もない。

昔ながらの高床式の家が年々、補強はされているが、娯楽なんかはない。

だからいい。

今、ごはんが食べれること、雨風しのげる家屋があること、シャワーもある(温水とかはないよ)、寝床もある、家族、親族も平穏無事に食っていけてる。

十分、幸せである。

とりあえず、今日がプチュンベンの最終日。

さきほど、プノンペンに帰ってきた。

明日からまた仕事である。

毎年、心配ごとはちゃんと仕事に出てきてくれるんかなー。ということだ。

今日も感謝。

 

 

 

日本に一時帰国。 予定を変更した。

来月(10月)末に日本に一時帰国を決めた。

もともと、2023年の4月のクメール正月に合わせて一時帰国しようと思っていたが、考えが変わった。

一つは航空券の値段。

めっちゃ高い。

安いチケットあるにはあったけど、売り切れてた。

そして、クメール正月というカンボジアでの2大型連休の一つなので、次期が迫れば安くなるとか空きが出るとかもないだろう。 ていうか毎回、安いチケット買い逃して後悔してた記憶がある。

もう一つは別に4日休むのも1週間休むのも大差ないかなと思ったこと。

ていうか、1週間くらい私とアリーザがいなくてもお店営業してもらわないと困る。

多分、問題は出るだろうし、むしろ問題をあぶりだすいい機会になると思った。

1週間くらい休みも取れないなら私たちにはどのみち、未来はない。

そう思った。

あともう一つ。

セキュリティの問題。

いつもであればクメール正月前からお休みもらって、3-4日は現場だけでやってもらう。そのままクメール正月に突入する流れだ。

しかし、そうなると、家とお店が無人になる期間が2日ほどできる。

これは実はけっこう怖いのだ。

泥棒のリスクがある。

しかし、通常日であればお店にはスタッフがいる。

自宅にも同居している妻の姉とその子どもがいる。

金管理(お金袋を預かってもらうだけ)も頼める。

そして、10月というのもちょうどいい。

年末年始は忙しくなりがちだし、イレギュラーも多い。

チケットも高いだろう。

12月ー5月は乾季なので、観光シーズン。

これまた雨期より忙しい。

7月8月は夏休みシーズンでこれまたイレギュラーな忙しさが発生しやすい。

6月は日本は雨期なので一時帰国してももったいない。

9月はプチュンバン(大型連休)がある。

また夏休み明けで帰国してた常連さんが帰ってきたりするので、お客さんの流れが変わるからちょっとややこしい。

(でも個人的には次回から9月でもいいかなーと思っている。)

11月は水祭りがある。

消去法で10月でえーやんとなった。

幸い、1か月後の10月末、手ごろな値段のチケット、ありました。

円安やから先日、滞在中の費用として1000ドルほど、円に両替もした。

なんやかんやで保証とかつけて、家族3人で2000ドル。

貯金してた金額で賄えましたが、自分みたいな貧乏性の人間にはこの金額を消費するのは清水の舞台から飛び降りる心境である。

ということで、昨夜はあんまり寝れなかった。

妻がカンボジア人ということもあり、VISAの申請やワクチンの追加接種(4回接種してるが、2回分は日本政府が承認してないやつなので無効( ノД`)シクシク…)をしたり、1週間、お店を開けるからその準備をしないといけないからこれから通常より忙しくなる。

けど、こういうのもいい勉強。

もうチケット買ってしまったのであとはやるしかない。

今日も感謝。

 

算数(数学)とは

社会に出て、仕事して、経営で、算数というか数学を使う。

分かる人にはわかるし、わかんない人にもわかんない。

この前、大卒、大企業勤め経験ありの同年代の人と教育の件で話したときにも思ったが、難しく考えると逆にややこしいのではとか思った。

ようは思考の使い方だと思う。

足し算引き算はそのまま、目の前のことをかたずけていく思考の仕方。

順番に。

それを強化するのが掛け算、割り算。

因数分解みたいな答えから割り出すのは利益から逆算するような考え方やゴール設定から逆算して目標設定するときとかの思考の仕方。

そこに証明する力は分析や伝える力。

根拠を明確にするということだろう。

なんかの数学者さんの話で、数学はそこにあるものを発見するもの。

と確か言うてた。

定理や事象は確かに存在する。

それを解き明かす仕事が数学者。

ハッとしたのを覚えている。

あほうの私はそう考えている。

ここから先は説明できるほどのおつむはまだない(笑)

でも、こういうことを義務教育で学ばせてもらえるのはありがたいなーと思う今日このごろ。

生かすも殺すも自分次第。

今日も感謝