カンボジアで小さな食堂を家族で経営するアラフォー社長の日記

カンボジアで小さな食堂をカンボジア人の妻と3歳の息子に支えられて経営しています。

スタッフのランチパーティというミーティング。

今日はスタッフのランチパーティというミーティングという懇親会を企画。

内容は毎月1回、予算は$30くらい(必要あらばもっと出すけど)でランチあとのまかないを豪華な内容にして、ランチ営業あと、2時ー3時で簡易パーティをする。

なぜミーティングというかというと、残業扱いで1時間の残業手当がつく。

そして、座席はこちらで指定する。

基本的には普段のコミニケーション不足解消が目的である。

自由に座らせるとただの食事会になる。

あくまで、チームビルディングの一環で業務という位置づけ。

なので、リーダースタッフはこちらが見て、コミュニケーションが足りてない部分に配置する。

また、普段、ぼっちになりやすいものもいるのでそういう子を真ん中に置いたり。

いつもくっついてるものは離れ離れにしたり。

苦手っぽいものを隣にしたりである。

もっといろいろできるなとは思ったものの、それなりに各々、普段と違うというか本領を発揮してくれたのではないだろうか。

しかし、これが私の自己満足になってはいけないので、継続し、様子観察し、改善し、実りのある時間にし、少しでも今よりみんなが仕事をしやすい環境になることを望む。

望むではない。

そうなるように、私を含め、チームでいい時間になるように作り上げていきたい。

もちろん、飲み会が苦手で、スタッフと一定の距離を置きたい私だが、こればっかりは妻と一緒に社長の私も強制参加である。

小さい組織んだからできることではないかと思う。

今日も感謝。

チームのもめごと。 店長やリーダーの心構えとルール。

チーム内でちょっとしたもめごとがあった。

ちょっと口の悪い若干文句言いのスタッフLくんとちょっとネガティブで被害妄想気味のスタッフSさんとその友人スタッフRくんだ。

ここで一番ややこしいのがその友人スタッフが料理長だということだ。

ようはマネジメント側の人間が友人関係にある方を擁護する傾向にあるので、実際は小さなことでも大火事になったり、表現が大げさになったりする。

事件の内容はSさんが何か依頼をした際に、Lくんが拒否したり、人道的でない言葉を投げかけたりということだった。

その日、前日の仕事終わりにパーティに参加し、飲みすぎたであろうR君は頭痛でお休み(多分2日酔い)。

その現場にいない。

そしてSさんからLくんにこんなこと言われたような感じであろうと思われる。

その日の営業終了後にRくんか怒りしんしんのメールが私個人に届いた。

とりあえず、状況を把握する必要があるので、妻と一緒に個人面談という事名目で情聴取を開始。

全員する必要はないと判断。

一番、フラットで客観視できる人間を4人、ピックアップ。

情報収集した結果、多分、Sさんが誇張している。(本人にその気はない。なぜならネガティブで被害妄想の傾向のあるタイプはナチュラルに自分に向けた攻撃であり、そう本人が捉えているだけで、実際には攻撃というわけではなくても、そう感じ、誇張するくせがあるから)のだろうと。

またRくんはSさんの友人関係のため、彼女をかばう傾向にあるため、彼女の言うことを信じる傾向にある。

どちらにせよ、火種のもととなる行動はあっただろうし、Lくんはまだ若く、社会のマナーをわかってない行動がちょくちょく報告されているので、そのへんの行き違いだろう。(言い訳も多いのでそのへんが拍車をかけていると思う)

Lくんに関する問題は

1,非人道的な言葉をチーム内で使う(誇張されてる可能性あり)

2,いたずら的なボディタッチがある。

3,サービススタッフに対して、文句を言ったり、オーダーのやり直しの指示に従わないなど。

1,2,は原則、禁止。

それは友人関係であっても勤務中は礼節のある言葉遣いをすること。2回目までは警告。3回目は解雇である。

親しき仲にも礼儀ありである。

3,に関しては完全にアウトである。

サービススタッフが上とかキッチンスタッフが上という話しではなく、サービススタッフは料理の間違いを指摘する必要がある。

だからそのへんをジャッジするのはサービススタッフの仕事。

そのへんが守られなければ仕事にならない。

だから3に関しては言語道断。

このルールが守れないのであれば解雇である。

その辺のルールを決めること。

そして、重要なのが、リーダーのポジションにいる人間が誰か側によってはいけないということ。

常に中立であること。

これは絶対である。

これができない、または従えないのであれば、解雇である。

これができないのであれば管理職はつとまらないし、確実に同じもめごとが繰り返される。

そして、その当人の信用も失う。

最終的にチームが崩れる。

誰のためにもならないし、みんなが不幸になる。

本人らのためでもある、チームのためでもある。

Sさんにも気づいてもらう必要がある。

ていうか、他の8割のスタッフには迷惑以上のなにものでもない。

しかし、これは人の社会では普通に起こることである。

だから、定期的に面談をしたり、コミュケーションの場を設ける。

ポジションチェンジを試みるなど、相互理解の場を設けるなど。

トップとして、こういうことが小さい組織の運営で大事なのではないかと思う。

とにかく、最後に今回、リーダー職の3人にお願いした1番のことは3人が進んでお互いに挨拶をすることだ。

実はこのへんがあやふやで注意は何度かしたが改善されない。

多分、必要性が理解できていない。

今回、改善がみられなければ、解雇も辞さないと考える。

それくらい、挨拶は人間関係において大切なものだと考える。

別に友達になれなくてもいい。

しかし、職場では仕事ができる環境づくりはとても大事だ。

それを作るのはリーダー職の仕事である。

特に年上の人間、立場の上の人間から実践すること。

実はRくんは私と同年代でうちで一番の年長者である。

だから彼と店長がまずお互いに挨拶することを願いたい。

コミュニケーションのきっかけ、相互理解のきっかけなんか小さいことであり、それが誠意のある挨拶だと思う。

一回言うただけで続くわけないので、口酸っぱく伝えていきたい。

今日も感謝。

 

息子が絵本を楽しめるようになってきた!パパはちょっと感動!

4歳の息子が絵本を楽しめるようになってた!

あいうえおの練習のおかげかもしれない。

今日、保育園を風邪でお休みしてたので、あいうえおの絵本であいうえおと名前を読む練習をちょっとだけした。

これはちょくちょく時間のあるときにしてる。

一緒に読んであげれば息子はあいうえおは読める。

書くのはまだまだだが。

去年の段階では彼に絵本を読んであげても絵を見るだけで読んでる言葉は聞いてなかったし、文字にも興味を示さなかった。

しかし、今日、改めて、昔かった3歳児向けのカンタンな絵本を読んでみると、かんたんなひらがなを一緒に読んで楽しそうにしてた。

正直、感動した。

文字に興味をもつようになったことがうれしかった。

2言語を覚えなくてはいけないので、どうしたってモノリンガルの子どもより、言語は遅れるが、しっかり自分のペースで歩みを進めている。

あわてなくていいから少しずつ、これからも彼のペースで成長してくれたらいいなと願う。

カエルの子はカエル。

期待はしないし、望まない。

彼が自分で決め、自分で生きていけるようになってくれることだけを願う。

今日も感謝。

今日は誕生日。パパとして、夫としての誕生日とは。

1月29日。

今日は誕生日。

私の。

苦手である。

コミュ障の私はいまいち、感情の置き場がわかんないので普通してたいとか。

心が子どものためか、好きにしていい日なら仕事してたいとか。

基本的に貧乏性なので、我がのことでお金を使うことが好きでないとかとか。

とかわがままな考え方だ。

しかし、結婚して、子どもができて、妻と毎年、上記のようなことが理由で口論してた。

しかし、今年、私は思った。

誕生日は生まれてきたことに感謝する日で、家族と過ごす日で、両親や家族に感謝し想い馳せる日なのではないかと。

となればわがまま言うていい日ではないのではないかと。

家族で過ごせてと妻に口酸っぱく言われ続けてきた。

そういうことなのではないかと。

去年も今年もうちの常連さんのお店で誕生日ケーキを妻と一緒に自分で予約し、食事も子どもと妻に合わせる。

午後から自然公園にもなってるプノンペン中心部のワットプノンというお寺に家族でお詣りした。

祈るためだ。

そのあと、サプライズでもないけど、ケーキを出してもらい、スタッフも含めてみんなでシェアして食べた。

そのあと、普通に仕事だったんだけど、落ち着いたので、ちょっと抜けて、個人的にお好み焼きを食べたかったので、仕事を抜けてお好み焼きを食べに行った。

これでいいと思う。

ていうか考え方を切り替えたので、来年はどうせなら自分で家族でどうするか、計画しようかなと考えている。

どうせなら楽しみたいなーと思った2023年、39歳になった誕生日だった。

今日も感謝。

息子の保育園の餅つきイベントのお手伝い。

今日は息子の保育園の餅つきイベント。

経験者ということで餅をつく側で参加。

同じ立場のパパが日本人会で餅つきやってたので、その人にだいぶとお任せしました。

でも子どものころに毎年、実家で餅つきやってて、手伝いはしてたので、それなりに身体が覚えていたので、それなりに形にはなったと思う。

父が餅つきしてるころに息子はそこにいなかったけど( ノД`)シクシク…

どうしてももち米を蒸す側の経験者がいなかったので、3日前の練習でも水分量が多すぎたりとかがあった。

当日もまだ水分量が多いかんじだったが、1回目、2回目と回を重ねるごとに改善。

3回目は自分の記憶にあったのとかなり近い状態になった。

米を蒸す担当をしてくれたママ友のお母さんには本当に感謝である。

米の状態が違うとか炊飯器でやったりとかで勝手が違うなか、実は一番大変なところを担当してくれた。

またコーヒー飲みに行きます。

イベントも盛況で、息子も妻も妻のおねえさんも楽しんでたからよかったかなと思う。

餅つき自体は本来は年末にやることだが、このへんは外国なんでご愛敬である。

こういう機会をいただけたことに感謝。

 

今日から竹コップに変更。

今日からお冷のコップをグラスのコップから竹のコップに変更した。

理由はしょっちゅう割るから。

別にスタッフが悪いとかではない。

使用頻度の多さから確率的が必然的に上がるよねということである。

そして、お水もいちいちすべてのお客さんに一つ一つ入れたりおかわりまわったりせずに瓶ボトルに入れて自分で入れてもらう形に変えた。

今回の変更のメリットは

1,コップを落として割るリスクがなくなる。(竹の耐久性の問題である程度使えば破損はもちろんするとは思うが、グラスが割れて飛び散ることによるけがのリスクはない)

2,お水のボトルを各テーブルに用意することでスタッフの仕事の軽減とお客さんのストレス減。

3,グラスのコップの買い替え頻度と竹コップとのコスト差を考えるとトータルはトントンくらいだろう。(あくまで竹コップの耐久性によるが)

4,竹コップの方が圧倒的に軽いのでスタッフの負担軽減。

5,環境負荷が少ない。

ぐらいだろうか。

デメリットはコストである。

現在使ってるグラスのコップより価格が3倍ほど高い。

また形が均一ではない(自然のものだから当たり前)ので、収納が若干面倒。

これくらいだろうか。

まぁ、やってみないとわかんないからやってみようというアバウトな社長で現場には頭が下がる。

そして、こういうのを実行するのに、妻の鶴の一声がけっこう助けになっている。

私はいろいろ考えすぎるところがあるので、とりあえずやってみるは妻の助けなしには倍の時間がかかっていただろう。

ありがたいことである。

今日も感謝。

 

キンドルがやっと手元に来た! 自分への誕生日プレゼントなり(笑)

去年の円安の時に日本のアマゾンでドルで購入してしれっとお買い得な感じで購入できたキンドルペーパーホワイト。

本当は去年の12月に両親が孫のクリスマスプレゼントを日本から毎年送ってくれるので、それに一緒に入れてもらう予定だったのだが、配達業者からリチウム電池が原因で送れないと連絡があったらしく、私のキンドルだけ、両親の実家でお留守番になってしまっていた。

しかし、先日、チャンスがきた。

いつもお世話になってる友人が、免許の更新で日本に数日だけ一時帰国するという。

それを一時帰国の前にうちでランチに来てくれて知るという。

思わず、お願いしてしまった。

快く快諾してくださり、母にすぐに連絡して、滞在先のホテルに期日までに着くように送ってもらう。

おかげで無事、その友人から届けていただけました。

絵本とか息子の勉強用のものは当然、紙媒体で別途、購入する必要があるが、私の勉強用(だけではもちろんない)の本はこれで電子書籍でいつでも帰る。

毎月、2-3冊以上は読みたいなと思ってるので、本当に助かる。

ご縁に感謝である。

友人にはなんか改めてお礼をしたいなーと思う。

今日も感謝。