カンボジアで小さな食堂を家族で経営するアラフォー社長の日記

カンボジアで小さな食堂をカンボジア人の妻と3歳の息子に支えられて経営しています。

朝から妻と喧嘩。

朝から、妻と口論となる。

原因は昨日のお店のこと。

スタッフの動き方、帰宅条件、店長のこと。

昨日のお店の状態ははっきり言ってクレイジーだった。

ある程度は仕方ない。

私が妻に厳しく言ったことが妻がぴりついてる原因だろう。

私は社長としても夫としても未熟だ。

最悪、店を妻に譲って、私は妻の元を去ることも考えようかと思う。

子どものこともあるが現実的ではないが

私は妻にはふさわしくないだろうといつも思う。

少し、疲れた。

妻にはいろいろ申し訳ない。

いろいろとはなにか。

私のアンガーマネジメントが一番の問題ではないか。

心が弱い。

妻には相当なストレスになっているのだろう。

今日も感謝。