カンボジアで小さな食堂を家族で経営するアラフォー社長の日記

カンボジアで小さな食堂をカンボジア人の妻と3歳の息子に支えられて経営しています。

まくしたてるように怒りや不満の感情を当てられるとその感情がこちらに感染する。

気持ちの整理がつかないのだろう。

妻と喧嘩になる一つの大きな原因が私のお店のスタッフへの不満や怒りの感情をまくしたてるように私にぶつけてくることだ。

こちらが解決策を提示しても不満や怒りが交じり合ったカオスの感情になってるので、その感情はしつこい。

別に妻に限った話しではない。

感情とはそういうものだ。

そして、それは感染する。

だから喧嘩になる。

相手は聞き手が分かってくれると思い、感情をぶつける。

しかし、感情は感染する。

だからいつも笑ってる人も周囲は平和だ。

こういうのは言って伝わるものではない。

だから今日、私は逃げた。

聞くべきことを聞いて、同じことを繰り返してると気づいた段階で落ち着いてくれ。と言うも、落ち着く様子は当然ない。

怒りと不満の交じった表情をしている。

間を取る必要があると感じた私は逃げた。

そして今、これを書いている。

のちほど、問題のあったスタッフと店長と妻と4人でMTである。

私自身にも落ち着けと言いたい。

今日も感謝。