カンボジアで小さな食堂を家族で経営するアラフォー社長の日記

カンボジアで小さな食堂をカンボジア人の妻と3歳の息子に支えられて経営しています。

人にものを頼むときは伝わるようにするか繰り返して伝える。人からしたら他人事。

最近はものを頼むときはどうやったら、実行してくれるかを考えて伝え方を意識している。

自分にとっては大事なことでも他人(妻であっても)からしたらそれは他人事である。

こっちがいくら大事なことと思っても、相手からしたら他人ごとである。

だから、忘れられる。

普通のことである。

だから、妻にものを頼むときも実施されるまで、ちょくちょくリマインドするようにしている。

スタッフに頼むときはメモで渡すとか、リマインドするとか、しなくてはことが進まない仕組みにするとか、仕組みを考えたりする。

もちろん、全然、完璧でないけど。

意識しているとこちらもそんなにストレスにならない。

ミスも防げる。

ので、意識することが大事なように思う。

伝わらなければ、それはただの独り言。

他人事をやってもらうのだから、依頼した側がやってもらえるように調整するほうが、結果的に楽だなーと思う。

今日も妻の親戚に頼みたいことがあったので、何度かリマインドすると思う。

いつもありがとう。

今日も感謝。